近況報告(2018/7/11)

現在東京。今日で4日目です。日付の変わる前には、神戸です。
例年なら梅雨の最中なのに、夏真っ盛り。ギンギラギン。

梅雨前線に南から湿った空気が——。で、数十年に一度の豪雨。
驚いたことに、亡くなった方が200人に迫ろうとしている。
こういう時になんだけど——、土砂災害で亡くなった方、堤防決壊の洪水で亡くなった方、そしてその他の……は、しっかり分けて記録、報道しておいた方がいい。
犠牲になった方の最大の供養は、今後、同じような災害被害を繰り返さないこと。これって、今後の災害対策ですごく必要なことだ。
土石流による被害は、『ハリケーン』(幻冬舎)で書いた。

ハリケーン
https://www.amazon.co.jp/dp/4344032403

中国地方の真砂土の分布と、谷あいに作られた町。ヤバいことは分かっていた。
洪水被害は、『東京大洪水』(集英社文庫)で書いている。

東京大洪水
https://www.amazon.co.jp/dp/4087465918/

堤防決壊の恐ろしさと、早期避難の重要性。
もし、東京、大阪、名古屋の大都市で起こったら——。

今後、災害復旧が重要になる。大事なことは、「法律の改定」と「個人の腹のくくり方」。
後者は日本には馴染まない、キツイ言い方だけど、必要なことだ。そうでなければ、前に進まないし、進んでも遅々たる歩み。
災害で一番の被害者は、亡くなった人。次は身体に後遺症の残るケガをした方。
家族を亡くした方、親戚、知人を亡くした方……は、悲しみを乗り越え、生きていることに感謝して、生き抜くしか仕方がない。
非難を覚悟で言えば、「人は裸で生まれ、裸で死んでいく」。これさえ、腹に叩き込んでいれば、そんなに落ち込むこともない。
「覚悟の時代」。今後、日本で生きていくには、必要なことだ。
次の大災害が待っている。


2018年の放送大学講義に出演しています

放送大学・教養学部「日常生活のデジタルメディア」

(青木久美子教授、高橋秀明准教授)

2018年度テレビ講義に出演しています。科目の中で「危機」「娯楽」の対象回です。

またオンライン授業「情報とコミュニケーション」にも映像が使われているとのことです。

 

教養学部授業科目案内・日常生活のデジタルメディア('18)

https://www.ouj.ac.jp/hp/kamoku/H30/kyouyou/C/joho/1750011.html


原子力学会誌の巻頭言を書いています

日本原子力学会誌「アトモス」2018年7月号にて、

巻頭言「今、本当に求められているもの —科学的知識の必要性」を掲載しています。

 

日本原子力学会

http://www.aesj.or.jp/atomos/atomos.html


福本さんの短編集『K先生への手紙』

友人の新刊です。

 

「私」が憧れ、尊敬しながらも生前に会う機会がなかったフランス文学者「K先生」への書簡の体裁をとった表題作ほか、全7編を収録。私小説とエッセーとの間にあるもののような短編小説集。

 

神戸新聞に記事が出ています。

姫路のエッセイスト福本さん、短編集を刊行

https://www.kobe-np.co.jp/news/himeji/201805/0011308187.shtml

 

ご購入はこちらへ。

https://honto.jp/netstore/pd-book_29156707.html


近況報告(7/2)

今年も半分を2日すぎた。
今年のキーワードは、「手のひら返し」。
トランプさんと金さん。年初めはののしり合ってたのにね。今は、褒め殺しなのかね。

サッカーしかり。明日の朝は、どうなってるんだろうね。
勝敗に関わらず、温かく迎えて上げたい。いちばんの当事者は、選手なんだから。
勝者があれば敗者もある。どっちの気持ちも考えてーーどうすりゃいいんだろ。
でも、ベルギーは強い。日本は……。ゴメン、石投げないで。

ワールドカップと言えば、いつも思い出す戦争がある。
大昔、アルゼンチンとイギリスが、小さな島を取り合って戦争になった。
「フォークランド戦争」だ。サッチャーとレーガン VS ロペス。

駆逐艦、潜水艦、空母まで出てきた。
たしかアルゼンチンの戦闘機がイギリスの軍艦を撃沈した。
死者も出て、当然イギリスが勝った。

その時のアルゼンチンの人の言葉。
「ワールドカップがあるさ」
サッカーで勝てばいいという事で、スゴク違和感を感じた。たかが……。
今でも覚えてるんだから、かなりの違和感だったのだろう。

でも、今は何となく分かる。
そして、そうあればいいと、何となく思う。
戦争よりもスポーツ。

日本と隣国との小島のせめぎ合い。
サッカーで勝敗をと言わなくとも、歴史で討論をと言うことを世界に向けて声高に。
「バカ、そんなこと、とっくにやってる」
「だったら、ヤッパリ、サッカーで」
でも、ワールドカップの裏でも世界は、日本は動いている。ドタバタ、ドタバタ。


韓国行(2018/6/16〜6/19)

16日。韓国ソウル到着。明洞近くのレストラン。

17日。公州城、武寧王陵など。日本との関りを強く感じました。

18日。世界遺産の水原華城にいるとき、数人の人がスマホを出して。大阪で大きな地震があったとか。交通はストップ。関西から来ている人が何人かいたので、ちょっとした騒ぎに。でも、スマホってスゴイ。インターネットもね。

その後、公立中学を訪問。学ぶところ、多々あり。日本も、もっと海外に目を向ける必要はあるね。
夕方、食事を抜け出して、ホテルに。一人で地下鉄に乗るのコワかったけど、なんとか到着。
古い友人が来てくれました。4時間近く色々話しました。また、ぜひ会いたい。
日本から2時間半程度。東京、新大阪の時間。地球は狭くなった。

19日。ホテルでチョットのんびりして、空港へ。

感動したことは、ホテルにウオシュレットがついてたこと。レストランでも見かけた。


黒古一夫さん『原発文学史・論』

『原発クライシス』(集英社刊。旧題『スピカ』)が取り上げられています。

 

-------

第五章 「安全神話」への挑戦  高村薫・東野圭吾・高嶋哲夫の試み
〈1〉「安全神話」
〈2〉可能性としての「原発小説」─『神の火』(高村薫)と『天空の蜂』(東野圭吾)
〈3〉「原発テロ」の恐怖─『スピカ─原発占拠』(高嶋哲夫)

 

出版社: 社会評論社 (2018/6/13)
ISBN-13: 978-4784519200
発売日: 2018/6/13

【内容紹介】

〈フクシマ〉から七年。原発という存在の危機。「文学の役割」を、現代の文学者たちはどのように意識し、表現(創作)活動に関わってきたか。福島原発事故以前の作品から事故後の作品までを論じ、その想像力の射程を「通史」として見渡す。


近況報告(2018/6/15)

梅雨真っ盛り、のはずなんだけど。昨日は晴天。
あと1時間と少しで、東京にゴー。
岡山玉野から帰って来て、昨日は1日、東京、韓国の準備。
持っていくモノはほとんどない。東京で会う編集さんや、その他の仕事関係の人と友人へ。

韓国では、もう10年以上(?)会ってない友人との再会。かなり楽しみ。
さあ、まず『官邸襲撃』(PHP研究所)が出ます。と、送られた来た手紙にはあった。でも……。
タイトルから想像はつくでしょ。分かってます、ゴメンなさい。
ネットでは、あまりイジメないでね。でも、なかなか面白い。と言えば「不謹慎」か。ゴメンナサイ。

官邸襲撃 – 2018/6/19
https://www.amazon.co.jp/dp/4569840647

世界は、ここ数日、「米朝会談」一色。
でも2人とも、「悪と無法の代表」と世界から非難されてた。
1人は何か訳の分からないことをやって、超大国のトップになり、他方は親戚を暗殺、強制収容所の運営者的な存在。
チョット前まではお互いに罵り合ってた。それが満面の笑みを浮かべ。
こういうのを「手のひらを返す」と言うんだろうね。ゴメン、こういうのは、「水を差す」と言う。

いろんなこと、これからどう実現されていくんだろうね。
これでうまくいけば、これまでの外交手法や世界のトップは何だったんだろう。
「外交は力なり」、「外交は核なり」ということか。
外務省、国務省、過去の大統領や偉い人は、真っ青。しかし何を持って成功とするか。難しいところだね。

「体制の保証」と言っても、アメリカが保障するモノなのかね。
「アラブの春」では、最終的には国民が判断した。人民が目覚めたら……金さん、ブルブルだろうね。
当事者にとっては、過去のことは忘れて、と言う訳にはいかないだろうし。
きっと、すごい恨みを持ってる人たちもいるだろうし。彼らを押さえつけるために、ますます……。
確かなことは、どっちに転んでも、日本はカモにされる。ゴメン、こういう言い方、間違ってるね。
願わくば、北の人民に立ちあがってほしい。あっ、これも良くないね。

明日、土曜日は韓国、ソウルだ。
日本国内じゃ、相変わらず悲惨な事件が頻発。殺戮に近い。誰だ、安全な国だなんて言ってるのは。
「むしゃくしゃしてやった。誰でもよかった」
何だかたまらないね。22歳。
「我がまま」じゃ片付けられない。亡くなった方も若かった。「運が悪かった」じゃね。
「命の軽視」なんだろう。昔ほど死と向き合って育ってこなかった結果かね。
でもボクだって、具体的な「死」に触れたことは20歳をすぎてからだし。
こういうの、もっと科学的に考えた方がいいと思う。何か、原因があるはず。

ネットつながりの殺人。前にもあった。インターネットがなければ仕事が成り立たない。
と同時に、非常に怖いツールでもある。
5歳の女の子の「詩」「言葉」、ホント涙が出る。子どもを育てる資格のない人がいることも事実。
また「いじめメモ、隠蔽」は、ボクの住居から遠からずの所で起きている。
子どもの受難の時代だね。子どもを人として見ていない。かなり寂しい。

これから、日本、世界はどうなるんだろ。
『日本核武装』(幻冬舎文庫)ってことになるのかね。
チョット、じゃなくて、かなり考えさせられる。


新作『官邸襲撃』6/19発売です

テロ集団が、首相官邸を制圧! 首相官邸は戦場と化した! 女性SPが挑むのは、まるで「ダイ・ハード」的状況! ?
日本初の女性首相とアメリカ国務長官が首相官邸で会談中に、テロ集団が官邸を占拠。首相と国務長官が人質となる。首相付きの初の女性SPとなっていた夏目明日香が、重傷を負った上司の指示のもと、たった一人、テロ集団に立ち向かうことに。官邸の外では日米の救出部隊が一枚岩になれずもめるなか、アメリカ大統領をも巻き込むテロ集団の意外な目的と作戦が明らかになり……。政府の指示系統崩壊、米軍の介入、その混乱に乗じるテロ組織。しかし、明日香の行動が少しずつテロ組織の計画に狂いを生じさせていく。
日本の安全保障政策に警鐘を鳴らす、渾身のクライシス小説。

(画像クリックでAmazonへ)

 

  • 出版社: PHP研究所 (2018/6/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4569840647
  • ISBN-13: 978-4569840642
  • 発売日: 2018/6/19

近況報告(2018/6/1)

今日から6月。1年の前半部の最後の月の始まり。
つい振り返って、この半年、ボクは何をしたんだろうと考えてしまう。
いろいろとバタバタ走り回ってきたけど、これは、と納得できることをやったのだろうか。こうして時は流れ、人は……。

先週、久し振りに高校生の前でお話をしてきました。
沖縄の「コザ高校」と「普天間高校」です。全校生1000名以上の生徒さんが、体育館に座って聞いてくれました。なかなかの迫力でした。
『「楽しい努力」との出会い。』
ボクの紆余曲折(?)の人生というか、行き当たりばったりの人生というか、体験を話しました。
何かを感じて、これからの人生に少しでもプラスになってほしい。
どちらの高校も、文武両道。静かに聞いてくれました。質問もあり。
帰りにメガホンを持って大声で送ってくれたのが、印象的でした。
若いって、素晴らしい。もう一度、あの頃に戻りたい。ホント。

「沖縄コンフィデンシャル」シリーズ、『交錯捜査』『ブルードラゴン』『楽園の涙』の三部作がそろいました。
沖縄の一面が描かれていると思います。
でも、まだまだ……。本土の人も、そして沖縄の人さえも、あまり知らない真実、現実が……。
今回も東部と西部の海、埋立地、砂利の採掘場、米軍基地を見てきました。
真の沖縄を描くためには……。書きたいことは山ほどあるんだけど。

日本は相変わらず平和——なんだけど、世界は大きく動いている。
今月は、日本に関係することが大きく動く可能性がある。
アメリカ、北朝鮮、韓国、中国、ロシア。極東アジアの国々は微妙に関係している。
どこかが変われば、全体に歪が広がる。
難しいね。ボクには、よく分からない。『日本核武装』(幻冬舎文庫)に少しだけ書いてある。

今月後半は1週間、東京、韓国です。それまでに岡山玉野。2度は行かなきゃ。
実家の梅、今年は穫らなきゃ。
明日の夜には、岡山玉野。

あっ、今月の17日に、『官邸襲撃』(PHP研究所)が出ます。
装丁が届いてるんだけどね。いつから見せることができるんだろ?


沖縄レポート(4日め)

那覇の本屋さん。ありがとうございます。

泡瀬干潟。東部海浜開発計画。


沖縄レポート(3日め)

25日。昨日の様子が新聞(琉球新報)に掲載されていました。

25日。瀬底大橋、ジャリ採石場。綺麗な海、そしてーー。


沖縄レポート(2日め)

24日。沖縄県立コザ高等学校で講演。

続いて、沖縄県立普天間高等学校で講演。

地元のラジオにも出演しました。


沖縄レポート(1日め)

5月23日〜27日まで、沖縄で講演会やメディア出演などを行いました。

まず23日は、飛行機で沖縄へ。


今週、沖縄で講演会

2018年5月24日、沖縄の県立コザ高校と県立普天間高校にて講演を行います。


サイン会の様子

2018年5月19日に行われたサイン会は、多数のご来場者をいただきました。

ありがとうございます。

 


近況報告(5/17)

5月も半ばをすぎました。
つい先日、お正月、ひな祭り、鯉のぼり……。エエエッ、という感じ。
寒い、大雪——から、暑い、夏日——に変わり、今日も暑い。まだ、梅雨前なのに。
この数か月、1週間続けて神戸にいたことはない感じ。神戸、東京、岡山、そして沖縄。退屈はしないけれど、落ち着かない。ドタバタドタバタ、アーア。

昨日の深夜、東京から帰ってきました。
そして、来週は、また沖縄です。高校で講演。
タイトルは、『「楽しい努力」との出会い』。努力は何のためにするか。努力は報われるのか。人生は……。ウーン、奥が深い。
ボクのつまづきながらの人生から、若い人たちが何かを感じてくれたら。

で、明日は「沖縄コンフィデンシャル」第3部『楽園の涙』(集英社文庫)が書店さんに並びます。
早いところでは、今日なのかな。

第1部『交錯捜査』、第2部『ブルードラゴン』。
いよいよ第1部の謎が解き明かされます。沖縄県警の若い三人の刑事たち。反町くん、ノエルちゃん、赤堀くん。みんな頑張ってます。

沖縄は江戸時代、あるいはさらにさかのぼった昔、そして戦中、戦後と現代……。
歴史抜きには、語ることは出来ません。それが、意外と知られていない。
今も、米軍基地問題で大きく揺れています。勉強にもなりますよ。チョットだけど。いや、大いに。

アッ、明後日19日(土)午後3時。サイン会。
垂水駅の本屋さん、ふたば書房 FUTABA+プリコ垂水店です。
垂水駅西側の高架下の本屋さん。

 

《お知らせ》5月19日(土)ふたば書房垂水店にて、高嶋哲夫サイン会を開催!
https://twitter.com/Futabatarumi/status/994857655981264897


『日本核武装』(幻冬舎文庫)は、タイトルは怖いけど、日本、中国、アメリカの若者たちの物語です。これからの世界は、若者たちが創る。
過激なタイトルの言い訳、シンドイ。お隣の国もゴネ始めたし。
その他、色んな本を置いてくれています。老若男女向き。ぜひ、おいでください。
東京、アメリカ、中国からでもいいですよ。真名瀬くん、デビッドくん、シューリンちゃんも来るかな?

「アウトレットパーク・マリンピア神戸」にも近いです。買い物をして、食事をして、お寄りください。
さあ、本でも読むか。きっと何か、いいことがありますよ。


高嶋哲夫サイン会のお知らせ

2018年5月19日(土)15:00より、

JR垂水駅「プリコ垂水」にあります、フタバ書房「フタバプラス」特設会場にて、最新の文庫『日本核武装』(幻冬舎)発売を記念し、高嶋哲夫サイン会を行います。

 

ふたば書房各店で『日本核武装』の上下巻いずれかをお買い上げの方に、サイン会整理券をお渡しするとのことです。

ぜひお越し下さい。

 

【お問い合わせ先】フタバプラス プリコ垂水店 TEL 078-708-5528


沖縄4日め

津堅島、勝連城の花々。

辺野古、残波岬を中心に。辺野古には何度も行ったけど、今回は急激に工事が進んだといった感じ。大浦湾の南側と北側から見た。埋め立ての堤防と、その周りの侵入を防ぐフェンス。その周りを数隻の船が見えた。
基地前の道路淵には、反対の人たちのテントが連なっている。しかし、人はまばら。日本のある種の運動の象徴的場所。色んな矛盾をかき集めて、煮詰めて、刺激的な調味料を放り込んだ感じ。
もう理屈なんて通用しない。ただ、双方が言い合うだけ。どっちが正しいかなんて、どうでもいい。なんで、辺野古なのか……分かり切ってる。
この辺り、小説の中にしっかり描きます。直接的じゃないけどね。本質は間違わないように。
太平洋を見て、東シナ海に抜けた。残波岬に。なかなか、刺激的な光景です。波と風の芸術というか、力だね。切り立ち、削られた崖。落ちると、痛いだろうな。表面、ギザギザ。
灯台の上から見ると、足がすくむ。ブルブル。
この地には色んなモノがゴチャ混ぜに詰まってる。でも、おそらくほとんどの人は知らない。本当はひどく単純な話なんだけど。考えようとしない、何も変わらないと思ってるのか。


沖縄3日め

中城ー廃墟ホテルーアメリカンビレッジ。『楽園の涙 』にでます。

『楽園の涙』(集英社文庫)は、5月18日発売です。よろしくね。

中城のお城跡→廃墟ホテル(ここは立ち入り禁止です)→アメリカンビレッジ→北谷と回った。
夕食ですごくデカいステーキを食べて、次の小説のディスカッション。一つの事件を中心にして、最後の謎に挑む。なかなか難しい。でも、このシリーズで、多くのことを学びました。反町くんたちの成長物語であってほしいとともに、ボクもね。
ぜひとも、映像化したいけど、誰か力を貸して。
今日は辺野古。こっちも、忘れちゃだめだ。何が真実で、何が作られたものか。それらすべてを公表したうえで、議論に載せる。沖縄の人たちの歴史を考えたうえで、沖縄の人に判断してもらう。
かなり難しいんだろうな。今、世界は変わっている。本土、沖縄も変わらなきゃ。