最新刊『ハリケーン』

 

超大型台風が上陸し、気象庁の田久保は進路分析や避難勧告を出すために奔走。関東で土砂災害が次々と起こり、田久保の家族も巻き込まれる。妻や子どもが逃げ込んだ避難所自体が危険な地盤上にあったのだ。田久保はさらなる避難を促したが、風雨が激しく、遂に斜面が崩れる……。自然の猛威に翻弄される人間の焦燥と葛藤を描く戦慄の予言小説。

https://www.amazon.co.jp/dp/4344428854/


近刊



近況報告(2019/10/16)

10月も半ばをすぎた。朝なんて、半そで半ズボンではブルブルブル。秋だなあ。

チョットだけ、メランコリー。

この2週間、神戸と岡山を行ったり来たり。

その間に、「原発マネー」「先生たちのいじめ」。スカイプでNYと話したし、AIとディープラーニングの話も聞いた。

 

そして最大の出来事は「台風19号」。

このひと月で、伊勢湾台風と自然災害について話したばかりだ。

「ジョーズみたいなもんだった」と言うと蹴とばされるね。ゴメン。

ズンズンズン、不気味に近づいてきて――。違うのは衛星写真で、実に鮮明に捉えられていること。だったら「備え」をすればいい。

 

でも万全の備えはできてなかった。想定外、でもないのか。

雨量の多さ、滞留時間の長さは盛んに言われていた。コースも分かっていた。でも多くの犠牲者、被害が出た。

起こることは想像がつく。「逃げるが勝ち。命あってこそ」その鉄則が守られれば。

 

台風を書いたのは、『東京大洪水』(集英社文庫)と『ハリケーン』(幻冬舎文庫)

https://www.amazon.co.jp/dp/4087465918/

https://www.amazon.co.jp/dp/4344428854/

大抵のことは書いてある。

 

海水温度上昇で「台風」が生まれ、成長するなら、ドライアイスをまくというのは……。

バカみたいに膨大な量になるんだろうね。巨大な爆風で吹き飛ばす。これは膨大な爆発力が。

やはり、「地球温暖化」を抑えるなど、地道な努力が必要。

数十年に一度の大雨。今後、こういう状態が毎年続く。頻度と規模を増しながら。世界中に。

根本から考え直さなきゃならな時代になってる。「覚悟の時代」、「何でもアリの時代」。

考え方の転換が必要になる。基本は「人は裸で生まれ、裸で死んでいく」。

 

今日は4時起きで東京。その後、札幌と函館。


近況報告(2019/10/2)

10月も2日。今年も残りは3か月。

何をしたのか考えると、絶望的な気持ちになると言うと、言いすぎか。

 

9月は神戸には、寝に帰っていただけの気分。

大阪に始まり、岡山、東京、名古屋。

大学の集中授業に講演に会議。何をやってるんだろと、自分でも思う。ドタバタと走り回っていただけ。

 

「グレタちゃん」の影響で、昔の原稿を探し出して、読み返して見た。

2000年初期頃の原稿。地球温暖化。

『地球と僕と、モモとチビ —温暖化の地球に住んで—』

子供との会話で説明する本。当時、どこの出版社も乗ってくれなかった。

 

ここ10年で1.5度の温度上昇が止められなかったら、不可逆的温度上昇が続くらしい。

地球はジ・エンド。つまり人類は……。コレ、たぶん言葉足らず。

グレタちゃん、初めはとっつきにくかったけど、いろいろあるんだと分かってファンになった。

がんばってほしいし、ノーベル平和賞もとってほしい。

 

とにかく、地球は危機に瀕している。

これに関して、書きたいことはある。小説で。

 

昔『2050』という連載をしてた。

近未来、地球温暖化で大陸の一部が水没し、完全に地球の形とシステムが変わった時代の話。これはSFだね。

途中で連載がストップ。当時では、夢物語だったのかね。あれ、権利関係はどうなってるんだろ。

続きを書いて完結させたいんだけど。

 

『謎の地底王国』

ほぼ完了。「進化」「環境」から、「いじめ」や「真の勇気」までちりばめたんだけど。目標はディズニー。

https://chitei.jimdosite.com/

 

明日から岡山玉野。それまでに、いろいろしなきゃ。

昔のプロジェクトが復活しそうだし。


伊勢湾台風60年講演の様子

2019年9月21日(土)、名古屋工業大学NITech Hallにて「伊勢湾台風60年特別シンポジウム」が開催され、基調講演を行いました。またその後に行われたパネルディスカッションにも出席しました。

続きを読む