近況報告

8月も3日がすぎた。盛夏突入。
と言っても7月も十分暑かった。アッチッチ。でも、やっと梅雨が明けたところも。日本は広い。
しかし正直、そんなに暑いと感じたことはない。お風呂に行くときだけ。
汗かいて下まで降りて、お風呂でさっぱり。汗をかきかき、坂を上って家に帰ってシャワー。
ちょっとだけバカらしいけど、まあいいか。
家というより、マンション内では上下計2枚だけですごしてるし。内緒だけど。
あとはエアコンさんありがとう。ほぼ24時間ドップリ浸かってます。涼しい日本の夏。

大型台風、5号が迷走を繰り返しながら、日本に近づいてる。
台風は大雨、大風の塊。大雨は洪水、土砂災害を引き起こす。日本の夏と秋の定番。
毎年、やって来ることは分かってる。
『東京大洪水』(集英社文庫)、今は『ハリケーン』を連載してる。
前者は大洪水で、後者は土砂崩れ。
これらは覚悟を決めて、安全なところに避難して、やりすごすしかない。
問題は、「まさか自分のところに」だろうね。あっという間に、家が流され、土砂で潰される。

本当は怖い国、日本。
地震も津波も起こったし。でも、まだデカいのが控えてる。
南海トラフに東京直下……。これはマジにコワいよ。今までの比じゃない。
東日本大震災では地震で家が崩れ、港も、お墓も崩れた。そしてそれらを津波が押し流していった。
形あるものは、いつか崩れ、消えていく。これ世の習い。当たり前。
そろそろ、考え方を変える時代が来てる。
被災者の方々の疲れ切った顔は、見るに忍びない。でも……と思ってしまう。腹さえくくれば、生活復旧の方法は色々ある。
「人は裸で生まれ、裸で死んでいく」
これさえ頭に刻んでいればね。残そうとするから悲しみや迷いが。
腹をくくれば生きやすいんだけどね。身一つで生きていく。それがなかなか……。
現在の日本では難しいんだろうね。多くの人が物欲にまみれて……。
わっ、ゴメンナサイ。ボクがその筆頭でした。
しかし「覚悟の時代」に入ってるのは確か。
とにかく、これから台風の季節。備えがあっても憂いはある。「覚悟の時代」ね。

「人は命の炎が燃え尽きるとき、何を以て安らぎを得るのか。土地や地位や財産ではない。神による救いでもない。どう生きたかという、物語のみだ」
 エドワードは呟くような声で言った。
「神を否定するのですか。あなたらしくない」
「容認するのだ。神のみが我が人生を知っていると」
『乱神』(幻冬舎文庫)


近況報告

6月の半ばから、マレーシア、東北、東京、岡山……。
1週間続けて神戸にいなかった。
そして今、6月末から7月にかけて回った東北、特に秋田が豪雨と洪水で大変なことになっている。これ以上、広がりませんように。

気がつけば7月もあと1週間。学校も夏休みに入っている。
アツイ、あつい、暑い、熱い日々。どう書いてても、あつい。夏だもの。
こういう日が続くと「地球温暖化」を信じたくなる。
いや、信じなければならない。平均気温40度の地球だ。

確かに昔々、ボクの子供のときよりアツくなっている。ような気がする。
雨も多いし、雷も竜巻までも起きている。台風も大型で頻繁に起きている。
地球レベルでその対策を考えても、ソンじゃない。
要するに二酸化炭素を減らす。
そのためには、「循環型エネルギーの開発」「化石燃料の使用を減らす」「省エネ製品の開発」を基本にすればいい。どれも理屈抜きに地球にやさしい。
「資源保護」「大気、海洋汚染の減少」「地球破壊の防止」といいことづくめ。
技術開発と言うオマケまでついてくる。やってマズいことはない。
新しい職種の創設による雇用の増加。
トランプさんはそういうこと知ってるのかね。知らないんだろうな。あの人の顔、見てるだけで熱くなる。ギラギラギラ。

日野原重明さんが死んじゃった。
偉いなあ、見習いたいなあ、と思ってた。長生きもさることながら100歳超えて現役だった。
かくありたいと、ボクも思う。でもやはり人は死ぬんだ。ちょっとつらい。
父親の晩年を見ていて「晩年のすごし方」「人の死に方」には、いろいろと考えさせられる。

さあ、以下は科学的裏付けのない、素人の経験則。でも、きっと当たってる。ボクには自信がある。
「認知症」には2種類あるような気がする。
一つは病的なもの。これは個人の努力では限りがある。
問題はもう一つの方。これは多分に「人の生き方」に関係あるような気がする。
そして、こちらの人の方が多いような気が。
現在の高齢者は、自分たちが80、90歳のお年寄りに身近に接する経験がほとんどなかった。
だからその実態を知らない。
でもボクたちは違う。長寿社会で多くの前例を見ている。
要するに、体力と精神力。この二つに注意すれば「認知症」もかなり防げる。タブン。
ただしこれは、日々の積み重ねが重要。人は足から衰える。

人には生き続ける「目的」が必要。「生き甲斐」とも言える。
これは体力にも関係するし、社会構造にも関係している。
日本が国を挙げて、理想的な高齢化社会の在り方に取り組めば、意義あるんだけどね。
完全に言葉足らずで、よく分からないでしょ。ゴメンナサイね。
いずれまとめたい。必ず認知症の人は劇的に減る。全人類に通じ、世界に貢献できる。
100歳以上で現役なのは、篠田桃紅さんも。ガンバってほしいなあ。
ボクも頑張る。120歳まで。いや、もっともっともっと。


サイン会の様子

おかげさまで先日の『富士山噴火』出版記念サイン会は大盛況でした。

本当にありがとうございました。

7/8 プリコ垂水でサイン会

7月8日午後2時から、神戸のJR垂水駅高架下の西側(明石寄り)のショッピングモール「プリコ垂水」で今年オープンした本屋さん「ふたば書房」でサイン会を行います。


近況報告

あっという間に、今月も後半に突入。
梅雨なのに晴れ。これも、地球温暖化の影響か。
昨日まで岡山玉野。
いろんな雑用と、一つ大切なことがあったんだけどキャンセル。

で、昨日は夕方に神戸帰還。
お風呂に出かけたんだけど、途中で「あっ、木曜日はお休み」。
と、そのとき赤い風船が。お母さんの乗ってる自転車からフワリ。走ったよ、必死で。何年かぶり。
でも電動自転車だもの。坂道もスイスイ。息を切らせて諦めたところに、ちょうど見ていた自動車のお母さん。バトンタッチ。
リレーがつながればいいんだけどね。赤い風船。

明日から東京。4時起きかな。そしてマレーシア。東京に帰ってから、大切な話。
今年一番かな。うまくいくといいんだけど。
こういうとき、祈りたくなる。神さま、仏さま、人智を超えた力に。

6月22日、『富士山噴火』(集英社文庫)が出ます。アマゾンではすでに買えます。
https://www.amazon.co.jp/dp/4087455947/

『M8』『TSUNAMI』『東京大洪水』の次です。災害モノは、これで終わりかな。
次と言うと……。

6月24日、午後1時半から。岡山で講演があります。
「作家というお仕事」山陽新聞社9階大会議室。
「ちまた友の会」会員500円、一般1000円だって。
お問い合わせ、同会事務局・横田(086-803-8074)
ボクの講演で有料だって。来てくれるのかね。かなり、コワイ。プルプル。
カーン、コーン。閑古鳥の鳴き声です。タブン。

6月27日から7月2日まで、東京と東北。そして東京。
これは、偉いお方のカバン持ち。チョット長いね。いま気が付いた。
美味しいもの、食べてこよう。涼しいといいな。

7月8日、午後2時から、神戸のJR垂水駅高架下にある商店街、西側(明石より)に今年オープンした本屋さん、「ふたば書房」でサイン会。
https://goo.gl/6i5ehm

合間をぬって、仕事、ガンバリマース。


6/24 ちまた友の会で講演

2017/6/24(土)「ちまた友の会」で講演をします。来てね。

 

時間:13:30〜

場所:山陽新聞社9階大会議室

(岡山市北区柳町2-1-1)

 

玉野出身の作家・高嶋さんが講演 岡山で24日「作家というお仕事」

http://www.sanyonews.jp/article/547116/1/?rct=chiiki_syakai


近況報告

6月1日

あっという間に今年の前半最後の月。つい先日、年賀状、読んでた気がするのに。
そして、来週、父親の三回忌があります。
10日余りの病院での付き添い。その後の母親の生活決定。
「生きることと、逝くこと」
あの頃は、大変ということと共に、色んなことを考えさせられました。今もだけどね。
「人は一人ハダカで生まれ、一人ハダカで死んでいく」
そうあろうと、決心したのですが……。

まずは、ゴミ屋敷からの脱出。日々少しずつ、少しずつ片付けています。
人には分からないだろうけど、ボクには分かる。遅々たる歩み。でも、この一歩は大いなる前進。あと半年でどう変わるか楽しみ。フッ、フッ、フッ。
世界はダイナミックに変わっているというか、ちっとも変ってないと言うか。
アフガニスタン、カブールで爆発。
もうずいぶん前に、『熱砂』(文春文庫)を書いた。最初のタイトルは『アフガンの風』。ヤッパリ泥沼化。タリバンがISに。
「テロと宗教」相反することが、一体になってる。本当は違うんだろうけどね。現実は辛い。
異教徒、敵対する者と戦うことが「聖戦」。自爆テロで死ぬと、酒池肉林が待っている。こういうのって絶対にヤバい。
若者には、ヤッパリ、仏教かね。天国と地獄があって、悪いことをすると地獄で閻魔様に……。コワかったもの、地獄絵なんか。人を殺したり傷つけない、ウソを付かない、盗まない、借りたモノは返す……。あっ、悪いことの概念が違うんだ。

「いじめ」や「虐待」でも、多くの子供たちが死んでる。「死」に対する恐怖が薄くなってるのか、本気で次の世界を信じてるのか。これも、異論が多いだろうね。
日本もチマチマと忙しいし。
同じ現実、事がらでも、人の考えや立場で180度違ってくる。誰が、どちらが、正しいのやら。ボクには分からん。

今月は22日に、『富士山噴火』が文庫で出ます。ドカーン。嗚呼ーー。
『M8』『TSUNAMI』『東京大水害』の番外編。でも、いずれ……。
富士山は活火山です。ボクは休火山と習ったんだけどね。いつの間にか……。

そして、来月7月8日(土)に垂水駅高架下の商店街の本屋さん、「ふたば書房」でサイン会。
なにか、イベントもやるそうです。ボク、歌でも歌うのか。それともダンスか。詳しくはまた。友達100人、連れてきてね。これについては、また詳しく。

6月24日(土)は岡山で講演。山陽新聞社9階、大会議室。
「文章教室」と名前はついてるけど、何を話してもいいそうです。
何がいいんだろう。こういうとき、悩む。全員に興味があることは、難しい。最大公約数を取るしかない。で、何人かは、コックリコックリ。まあいいか、子守歌だ。

今月は、後半はほとんど神戸にはいません。
マレーシア、東京、岡山、そして東北を回ります。グルグルグル。目も回る。

電気新聞で論文募集

「電気新聞110周年記念」論文募集。審査委員やってます。ぜひ。


5/15 講演の様子

2017年5月15日、名古屋の東桜会館で行われた原子力学会中部支部大会で、

『福島第二原発の奇跡から見えてきたこと』と題し、90分の講演を行いました。

写真はその様子です。


近況報告

5月もあっという間に3分の1がすぎた。
連休も関係なく仕事。と、言っても4日から沖縄で、昨日の夕方に帰ってきました。
でも、まぎれもなくシゴト。
「いちいち、断わるな」「はい、そうですね」

備忘録を兼ねた「近況」です。

沖縄というと、現在、普天間基地の辺野古移転でもめてます。
基地問題、軍用土地問題……。現在書いている『沖縄コンフィデンシャル』の1つのテーマでもあります。でも、忘れてはならない大きな歴史があります。
さて、今回は。


1,「沖縄県立博物館」、「新都心」

2,「辺野古」、「テント村」、「勝連半島」、「ホワイトビーチ」、「勝連半島付け根付近の埋め立て地」

3,「旧海軍司令部」。海軍豪公園。豊見城の丘。東シナ海、那覇市が見える。南城市玉城字糸数の「アブチラガマ」

4,「沖縄本島へ最初に上陸した海岸」遠浅のきれいな海岸。でも、海を覆いつくす米艦隊。そして……。「南風原陸軍病院あと」「ガンガラーの谷」。鍾乳洞と森。港川人の住居跡か。なかなか神秘的。時の流れを感じました。

5,「渡嘉敷島」。米軍上陸、集団自決があった島。タクシーの運転手の女性がガイドしてくれました。かなり、興味深いお話でした。ハブさんに、ビクビクしながら雑草をかき分け……。

 

今回は「沖縄戦の悲劇」を中心に。
アブチラガマ、南風原陸軍病院あと。ガイドさんに案内されて。
ボクはこういう話にかなり弱い。暗くてよかった。
ここで亡くなった人には、すごく、すごく悪いけど。小説が数篇は書けそう。長編ね。
やはり、沖縄はこういう歴史、さらに大昔の歴史も踏まえて、考えなきゃならないんだろうね。
戦争に関する悲惨な話は、ヒロシマ、東京、ベトナム、シリア……、日本中、世界中に溢れている。
でも、沖縄はチョット違うものを含んでいると思う。その理由、なんとなく分かるけど、今は言わない。
関係している人たちは、戦争、兵隊、基地……のとらえ方が違って当然。
人間は過去から学ばなきゃ。でも、現実が……ってことになるのか。進歩がないね、ホント。
「おまえの方が、もっと進歩がない」「はい、ごもっとも」

辺野古。何度目かの訪問。でも、今回は大浦湾にはオレンジ色のフェンスが。
普天間の移転、単純なヘリポートの移転が、色んな業界、賛成反対派、様々な人たちの「欲」「思惑」が絡み合って、とんでもない大きな移転に拡張された。
さらに難しいのは、沖縄の昔々からの歴史と、戦中戦後の現実、現状。こういったことを抜きにしては結論なんて出せない。職業活動家の格好の場所となる。

ボクは海を埋めることには反対。でも、今の反対のやり方にも反対。
ここに至る過程には、すごくドロドロした、色んな人の思惑が絡まっている。沖縄と本土の政財界、ついでにアメリカ……。
「お前、分かったようなこと、言うんじゃねえ」
「はい、もっともです。ゴメンナサイ」

『沖縄コンフィデンシャル』
第1部『交錯捜査』、第2部『ブルードラゴン』(集英社文庫)。
連休は終わりましたが、是非お読みください。沖縄の本屋さんには、必ずあります。のはずです。
第3部『沖縄の涙(仮)』では、いよいよ……。

なかなか、考えさせられる取材でした。
やはり、沖縄は過去「沖縄戦」、現在「米軍基地」を抜きにしては語れない。頭では分かってたけど、実際に現場を回ると、ズシンと来ます。魂が語り掛けてくると言うと、キザすぎるか。でも、ホント。さらに昔々の歴史。
悲劇、惨劇、色んな現実が積み重なって、現在の沖縄がある。
しかし、自然を生かした美しい海、森、気候、そして人……観光地としての沖縄も。
中頭郡のホテルで食事。まさに、わっ、わっ、わっ、の世界でした。
ひと時の非日常。異次元の世界ね。
これもまた、現在の沖縄。新しい沖縄。
色んな意味で、中身の濃い6日間でした。チャンスを与えてくださった方々、有り難うございました。


5/15 原子力学会中部支部で講演

「第7回 中部支部 支部大会・講演会」
1.日時
  平成29年5月15日(月)
   15時20分~15時50分 支部大会
   16時00分~17時00分 講演会
2.開催場所
  東桜会館 1階 第2会議室
   名古屋市東区東桜2-6-30
   地下鉄東山線「新栄町」駅1番出口
   または、地下鉄桜通線「高岳」駅3番出口より徒歩5分
3.内容
(1)支部大会
(2)講演会
   「福島第二原発の奇跡」から見えてきたこと
      作家 高嶋 哲夫氏
<連絡先>
 中部電力株式会社原子力部業務グループ

 TEL 050-7772-1056

http://www.aesj.or.jp/~chubu/

 


4月21日岡山で講演

「岡山最大の魅力を力へ ~そして日本再生~」

 KiBi塾(Kibi International Business Institute)主催講演会
・講師:高嶋哲夫

・日時:平成29年4月21日(金)
 受 付:午後5時30分~午後6時00分
 講演会:午後6時00分~午後7時20分
 懇親会:午後7時30分~午後9時00分

・場所:岡山国際交流センター 
 岡山市北区奉還町2丁目2-1
 講演会場:7階 多目的ホール
 懇親会場:地下1階レセプションホール


エネルギーフォーラム賞の新聞記事

2017年4月3日付けの電気新聞に、エネルギーフォーラム賞授賞式の記事がありました。

 


近況報告(2017/4/4)

4月1日に「ウソ」をつく間もなく、早や4日。ホントに「時」は、ピュー。
3月は、あっという間もなかった。東京3回、岡山3回、新大阪と……。
記憶がトンでるのは歳のせいばかりでもない感じ。

でも、色々と楽しかった。
千葉のディズニーランドにも初めて行ったし。L.A.のは2桁は行ったけど……。

『福島第二原発の奇跡』(PHP研究所刊)
第37回エネルギーフォーラム賞優秀賞をいただきました。嬉しいな。

関係者の方々、本当に、本当に、ありがとうございました。
3月30日。授賞式は経団連会館で行われ、普段会えない、色んな人に会えて楽しく、嬉しく、有意義でした。ついでに、痛かったのだけど。肩の故障。
でも、まだ本賞というか、いちばん上のがあるから。ガンバルか。書きたいこともあるし。

本当は、『世界に嗤われる日本の原発戦略』(PHP新書)で、取れるかと思ってたんだけど。チョット甘かった。
これも、かなりいい本で、読んだ方は原発に関する考え方が変わる、と自負ししてたんだけどね。これまた、甘かった。読んでくれないんだもの。あーあ。
でも、こういう考え方もあると、議論のとっかかりとしてくれれば。
大学での講義、『僕が原発を捨てきれないワケ』をまとめたものです。

エネルギー関係ではあと4冊、書きたいことが。
1冊なんか、世界の原子力政策を変えるような画期的なもの。
「おっ、大きく出たな」「でも、ホントだもの」「内容は?」「これで、学位を……ほしいなあ」
トランプさんにも読ませたいし。
受賞した本については5月の原子力学会でも話します。名古屋だったかな。

あっ、大理石の置時計をもらいました。すごく重くて、立派なの。電子時計、ほしかったんだ。
今度は腕時計がほしいなあ。よろしくね。
よーし、小説、ガンバロウ。

4月21日。
「KiBi塾」で講演があります。
『岡山最大の魅力を力へ —そして日本再生—』

岡山を日本一有名に、そして世界の岡山へ。
ぜひ、お越しください。皆さんで、語り、考えましょう。
主催は……詳しいことは、追ってまた。何だか、心配。

場所:岡山国際交流センター
岡山市北区奉還町2丁目2−1
講演会場:7階 多目的ホール
懇親会場:地下1階レセプションホール

受 付:午後5時30分〜午後6時00分
講演会:午後6時00分〜午後7時20分


エネルギーフォーラム優秀賞の授賞式

2017年3月30日、東京大手町の経団連会館にて「エネルギーフォーラム賞」の贈呈式が行われました。

『福島第二原発の奇跡』(PHP研究所刊)が優秀賞を受賞しましたので出席してきました。

ありがとうございます。


千葉防災講演の様子

2017年3月20日、千葉市民会館にてNPO法人こども未来サポート主催の防災講演会を行いました。

写真は、講演時の様子です。


エネルギーフォーラム連載・第12回

総合エネルギー誌『月刊エネルギーフォーラム』連載エッセイ「エネルギーインフラ 世界と日本の見聞録」。
第12回は「日本の原子力の行方 湧き上がるさまざまな問題」です。

http://www.energy-forum.co.jp/eccube/html/


エネルギーフォーラム優秀賞受賞の告知

2017年3月23日付けの電気新聞に、エネルギーフォーラム社の広告で『福島第二原発の奇跡』(PHP研究所刊)が優秀賞を受賞した旨、公表されていました。

 


3/20千葉で防災講演会

2017年3月20日、NPO法人こども未来サポート主催で防災の講演をします。

  ★  ★
【日時】2017年3月20日(月曜日)14:00~16:00(13:30開場)
【会場】千葉市民会館3階特別会議室2

 

お申し込みは下記へお願いします。

https://npo-kodomomirai.jimdo.com/%E4%BC%81%E7%94%BB/

 

主催:NPO法人こども未来サポート

(〒290-0141 千葉県市原市ちはら台東4-11-18)

https://npo-kodomomirai.jimdo.com/

 

後援:千葉県庁、千葉市役所、市原市役所、市原商工会議所


毎日新聞に『電王』著者インタビュー掲載

2017年3月2日付の毎日新聞に、『電王』(幻冬舎)の著者インタビューの記事が掲載されました。

 



インフォメーション


このサイトについて