最新刊『脳人間の告白』

ある日、僕は「脳」だけになった……何てことをしてくれたんだ!

10メートル四方の部屋を舞台に繰り広げられる前代未聞の衝撃作!

 

https://www.amazon.co.jp/dp/4309416764


近刊




近況報告(2019/04/13)

4月も半分近くがすぎました。

「ブラックホール」に近づいたと言うと、叱られるか。誰に???

あの向こうには、閉じ込められた光が輝く、眩い世界、誰も知らないお花畑が……。

やめとこう、バカにされるだけ。

でも、誰も見たことナインだから、これからも誰も見られないんだから、何を言っても書いても……。

 

さあ、現実的に。

閉じ込められたのは、物質や光ではなく精神(こころ)。

これぞ、人間の「ブラックホール」に他ありません。

『脳人間の告白』(河出文庫)が本屋さんに並んでいるはずです。探してね。「おーい」「はーい」

 

「想像してみてください。〈脳〉だけで生かされている自分を」

「一条の光もない闇、永遠とも感じる時間、恐怖に侵食されている精神、犯人への怒り、恋人への思い……」

 

「ぼくはこの小説を哲学的ファンタジー、あるいは思考実験の物語として読んだ。」

こう解説を書いてくれたのは永江朗さん。ボクにとっては、エエッてモノでした。

解説には、フッサール、デカルトなどが出てきます。ボクとっては、ワワワっの世界です。

最後に、永江さんが書いています。

『「ワレ惟ウ、故ニワレ在リ」ではなく、「他者ガワレヲ惟ウ、故ニワレ在リ」なのである。ならば、情報を発したり行動を起こしたりする積極的な存在ではなくても、まったくの無力な存在であっても、ただ存在しているだけで世界に影響を与え世界を変えることだってあり得るのではないか。』

 

ボクはなるほどと思いました。ボクは人の「生と死」に興味を持って書いたのですが、より多くの知識を持った永江さんが、さらに深い意味を引き出してくれたと思っています。有難うございました。

ボクの母親を見る目が変わりました。「母上、あなたはエラい」と言うと喜ぶかな。

さあ、天気はいい。本屋さんに行こう。忙しい人は、プチッ。

 

https://www.amazon.co.jp/dp/4309416764/


近況報告(2019/04/01)

もう4月最初の日。時の流れ、ボクには早すぎる。ピュー。後には何が……。

先週は神戸の自宅で寝たの2日かな。あとは、岡山と東京。

 

で、今日はエイプリルフール。何年か前のこの日が、また悪夢のように。

何となく「呟いた」ことが大ごとに。お祝いのメールが続々と。テレビクルーが向かい、花まで送ったと言うのも。でもコレはボクが――。

その日はほぼ1日、対応に追われました。

でも「ハリウッド映画化」今年は――。エイプリルフールだし。

ボクは学習嫌いだし。過去からも現在にも学ばない、懲りない人間だし。

 

今日は「新元号」が発表される。これで「昭和」「平成」「〇〇」と3つの時代に生きる。そして、おそらく次の――も。

でも今日はエイプリルフールだし。「アレ、ウソね。ゴメン」となったら……。

みんなひっくり返って、面白い……。ワッ、殺されそう。

ボクは元号に弱い。ほぼ西暦。

自分の誕生年は知ってるけど。暗証番号に使ってるし……。ワッ、ヒミツを言っちゃった。

 

「新元号」「オリンピック」新聞、テレビの出演者すべてが、100%の大盛り上がり。

コレって、本当なのかね。何だか、ナチスの――。水、さすわけじゃないけど。

1人でも、「どうでもいい」って言ってくれると、尊敬するんだけど。

そんな度胸ある人、いないよね。バンバン抗議の電話だ。ヘタすると今後の人生が狂うよ。

ここはそういう社会だ。だからボクは何も言わない。元号、銀行以外ではほとんど使わないけど。

銀行も西暦にしてくれると有り難い。なんてことも言わない。アーア。

 

でも、すでに「平成〇〇年」としてる印刷物はどうするんだろうね。捨てる。=引いて使う。

来週の日曜日は、「統一地方選」。

「大阪都構想」については、インタビューを受けた。

https://www.sankei.com/politics/news/190330/plt1903300008-n1.html

 

『首都崩壊』(幻冬舎文庫)ボクの都市論です。詳しく書いてます。

https://www.amazon.co.jp/dp/434442400X

 

これなかなかいいと思うけど、大して売れていない。

ためになるし「ジリ貧、日本を救う1つの方法」なんだけど。どこかで新書で書かせてくれないかな。

さあ、とにかく今日から新しい月。「平成」最後のね。

来月は新しい元号の月。

 

あっ、忘れてた。今週、『脳人間の告白』(河出書房文庫)が出ます。

アマゾンには、もう出ています。プチっ。アア――。

「よく見て」買ってね。文句はナシ。

https://www.amazon.co.jp/dp/4309416764/

 

最後の「解説」から読みましょう。「解説」の方がタメになると言うとヤバいか。

「われ思う、ゆえに我あり」「他者が我を思う、ゆえに我あり」なるほどね。


産経新聞にインタビュー掲載

『首都崩壊』(幻冬舎文庫)ボクの都市論です。詳しく書いてます。

 

続きを読む