近況報告

寒いなあ。ブルブル。冬だし、今年もあと二週間と少し。ホント、早いなあ。
今年の記憶、今月の記憶、ほとんどないね。昨日のはチョットだけ。認知じゃなくて、歳のせいばかりでもない。時間の流れが速くなっている気がする。
現在、東京。人が多い。一極集中。地方に住んでるとつくづく、そう思う。とくに田舎に帰ると。
久し振りに中央線に乗ったけど、山手線内には古いお家が多い。ドスン、でどうなるんだろ。『M8』の世界だ。M9だって言われたけど。

今日は『電王』のお話。

もう、大昔の話になるけど、ボクは科学者になるのが夢でした。で、理系の勉強をしていました。やってたのは「核融合」。「地上に太陽を」人生を捧げようと本気で思ってました。若かったなあ。
まず研究所に入って、アメリカの大学に行って……。色々あって……。チョット、悲しい。
よく聞かれるのは、「理系なのにどうして作家になったのですか」。「頭がよくなかったから」と言うと、作家さんに失礼か。
結論は、「ボクは科学者には向いていない」。要するに、「人には向き不向きがある」ということ。それに気づくことができた。アメリカ留学の成果です。理論物理関係の講義なんて、必死で聞いてノートを取っても、一行も理解できないんだもの。でも、小説はね。

ときどき、学校から、教育関係の講演を頼まれます。
「無駄な努力はするな」と、言うと、先生たちは「ええっ」という顔をします。子供たちの前で、なんと言う暴言。「でも、それが分かるのは、死ぬほど努力してから」と、続けますが。先生たちはホッ。
教育とは、「子供たちから、本当の彼らの才能を引き出す手助けをすること」。
人は様々な才能を持っています。勉強、スポーツ、芸術……。でも、優しさ、器用さ、我慢強さ、ひょうきんさ、力が強いと言ったことも大きな才能の一つです。近年、母親が施設に入って、つくづくそれを実感します。世界は様々な人の行いの上に成り立っている。社会の大きな役割の一つは、それを認めて十分な援助ができる体制を作ること。みんながそれなりの生活ができる社会の創造。
最近の大学生の不祥事は、誤った価値観と教育の失敗のなせる業。
この辺り、完全な言葉足らず。正確に言おうとすると、一冊の本ができる。いずれまた。

で、『電王』は、二人の幼馴染のお話です。孤独な二人の少年の出会い。
彼らは偶然の出会いにより、お互いの切磋琢磨の中、彼らの才能を十分に引き出すことができました。人は一人では、生きられない。どこかで支え合え、心のより所としている。
ボクの長年書きたかったことの一つです。

『電王』(幻冬舎)12月15日発売
https://www.amazon.co.jp/dp/434403046X

明日、発売です。今日、並んでる書店さんも。
フウッ。宣伝してしまった。でも、色んな人に読んでもらいたいモノです。
これも、宣伝か。ゴメン。

『ネクスト私学』出版記念パーティー

続きを読む

近況報告(2016/12/5)

アッという間にザ・ラストマンス。
年々、時間のたつのが早くなる。完全に、タイム・トレインに乗り遅れてる。
悲鳴を上げながら、ドタドタ追いかけてるって感じ。

 

先月末、『青龍 沖縄コンフィデンシャル』を何とか書き終えました。タイトル、『ブルードラゴン』の方がいいのかね。
お正月は、ゲラの校正になるはずです。「さあ、もう一回書き直し」「わっ!」でなければ。
で、ホッとしたら、もう四日がすぎてた。何してたんだろ。ホント。


明日から長期ロード。まず東京日帰り。翌日は京都。そして、金沢、大阪です。
8日(木)金沢は講演会。
「これからの日本のエネルギーと原子力政策」
たいそうなタイトルだけど、優しいお話です。ボクに難しい話はムリ。皆さんと、一緒に考えていければありがたいです。
お時間のある方はぜひ、おいで下さい。お時間のない方も、ゼヒ。
タダです。お食事、お土産、カラオケつき。ウソです。
http://www.h-genkon.jp/information/lecture/103/

「もんじゅ」については、多くの方たちから、「叱咤激励?」「慰め?」「いったい、何なの?」「バカ言ってないで?」「心変わり?」ボクにも良く分からないメールやお言葉をいただきました。

まさに、ドタバタでした。アーシンド、というのが本音です。
でも、「もんじゅ」関係者の方たちには、ご迷惑をおかけしました。ホント、ゴメンナサイね。

 

新聞記事というのは、専門家の論文やオピニオン誌の記事よりも、遥かに多くの人に読まれます。

世論形成にも大きな力を発揮します。それだけ、重要だということが出来ます。

だから、やはり勉強してほしい。

生半可の知識で、一方的なことや、間違ったことを書くとそれが多くの人の知識となって、独り歩きを始める。


インタビュー記事も、メモの中の言葉を後で連ねるだけでは正確な表現など出来っこない。

しっかり聞いて、会話の全体、対象者の全体的な意見、意図を理解し正しく表現することそ必要。
「もんじゅ」については、出来るだけ早い機会に、まとめます。

こういうところでヘタに書いて誤解されるとコワい。
関係者は全員、人生を賭けてやっています。頑張ってほしいです。

来週、『地底王国 ボクと地底の恐竜たち』の打ち合わせ。うまく行くといいね。かなり期待してるんだけど。
15日今年最後の刊行。
『電王』(幻冬舎)が出ます。将棋のお話。名人と人工知能の対決。
https://www.amazon.co.jp/dp/434403046X/

こういうお話、ボクは大好きなんだけど。
さあ、現在、岡山玉野。

お昼前に母親のところに行って、「出かける」か「部屋で昼寝」するか。それが問題。
明日は5時起きで東京。その前に、神戸に帰らなきゃ。

続きを読む

晃洋書房「ネクスト私学」出版記念パーティ

続きを読む

『沖縄コンフィデンシャル』第2部連載開始

WEB集英社文庫にて、『沖縄コンフィデンシャル』第2部の連載がスタートしました。

第1部は既に文庫化されています。

 

 声が上がったのは、店の奥からだった。
 女性の悲鳴だ。
 反町雄太は反射的に立ち上がり、持っていたビールジョッキをテーブルに置くと奥に走った。その後に天久ノエルと赤堀寛徳が続く。
 ケネス・イームスが食べかけたハンバーガーを皿に戻すと、三人の後を追ってきた。
 トイレに通じる通路は悲鳴を聞きつけた客で溢れている。
 午後八時すぎ、那覇市、泊港近くにあるレストラン〈ウエイブ〉は、百名近く入る客席がほぼ満席だった。キャンプ・キンザーも近く、地元の若者に人気のある店で若いアメリカ人も多い。普段は陽気な英語の会話がいたるところから聞こえる。
 反町は人混みをかき分けて、最前列に出た。
 トイレのドアが開き、床に男があおむけに倒れている。女がしゃがみ込んで介抱しているが様子がおかしい。男の胸に両手を当てて自身は揺れるように身体を揺すっているだけだ。目も視点が定まらず、泳いでいる。

 

続きはこちらで。

http://bunko.shueisha.co.jp/serial/takashima02/01_01.html