[体験者が明かす]巨大地震の後に襲ってきたこと!

【別冊宝島Real 066】


震災時・生活復興バイブル
家の再建・お金・仕事・心…私たちの「暮らし」はこう変わる 神戸・新潟・福岡。震災者からの警告とノウハウ!生活復興の「壁」を知る!

あなたの知らない要注意事項!!
・戸建て再建! 低利の融資はあるが二重ローンに
・マンションの破損! 法律は建替えに味方する
・地震保険でも補償されるのは損害の一部
・罹災証明の判定ひとつで支援金の額が変わる
・区画整理の強行で居場所を奪われる
・震災時には正社員でも簡単に解雇される

 2005/09/27 宝島社別冊宝島Real
978-4796649247
 1,260円


トルーマン・レター

なぜ原爆投下はなされたのか――?
元新聞記者・峰先は33代米大統領トルーマンの私信を入手。そこには広島・長崎の原爆投下の真実が綴られていた。
手紙を巡り、峰先は国際諜報戦に巻き込まれ る。歴史の闇に迫るサスペンス。

2004/07/21
集英社文庫
978-4087477184
762円
2001/05/02 集英社
978-4087752854
1,890円


冥府の使者 Pluton Jack(冥府の虜 プルトーン)

1986年4月25日、ソ連・チェルノブイリ原発事故発生。
200X年、福井県で高速増殖炉『飛翔』が完成を目前にしていた──。
『飛翔』計画のリーダー・ 嶋木は、警察庁の梶山に、17年前に失踪した原子核物理学の盟友・西村の消息を訊問された。

来日するロシア原子力視察団員のペトロビッチ博士こそ、西村だという。
嶋木の妻イレーナを奪って消えた西村が、 今なぜ祖国へ帰るのか?
そして警察に追われる理由とは何か?

やがて来日科学者の突然死、『飛翔』用プルトニウム強奪計画の噂、ロシア軍流出武器を使う暴力団抗争の続発、視察団員の大量失踪──不審な事件が連鎖し、 嶋木が愛する者たちにも危機が迫る。
そして浮上した悪夢の計画。
それは頭脳と核燃料を欲する国が画策する、巨大テロの序章にしかすぎなかった。

2003/10/20
祥伝社文庫
978-4396331283
730円
2000/12/10 祥伝社
978-4396631826
1,900円


イントゥルーダー

第16回サントリー・ミステリー大賞「大賞」「読者賞」ダブル受賞


一度も会ったことのない息子が死の淵に──。

25年前に別れた恋人からの、突然の連絡。
「あなたの息子が重体です」
「私」は日本を代表するコンピュータ開発者。
このまま息子は、一度も父に会うことなく死んでしまうのか……。
奇しくも天才プログラマーとして活躍する息子のデータをめぐり、原発建設がからまったハイテク犯罪の壮絶な渦中に巻き込まれてゆく。


第16回サントリー・ミステリー大賞

「大賞」「読者賞」ダブル受賞

一度も会ったことのない息子が死の淵に──。

25年前に別れた恋人からの、突然の連絡。
「あなたの息子が重体です」
「私」は日本を代表するコンピュータ開発者。
このまま息子は、一度も父に会うことなく死んでしまうのか……。
奇しくも天才プログラマーとして活躍する息子のデータをめぐり、原発建設がからまったハイテク犯罪の壮絶な渦中に巻き込まれてゆく。

 

2002/03/10
文春文庫
978-4167656270
570円

(韓国語版)

89-88888-00-6
7800W
2002/03/10
文春文庫
978-4167656270
570円
1999/04/20
文藝春秋
978-4163185101 1,429円


ミッドナイトイーグル

【2007年11月より、松竹・米ユニバーサルの共同制作による映画が全国公開】


米空軍のステルス爆撃機が北アルプスに墜落!
その搭載物をめぐって男たちの死闘が始まった。報道カメラマン西崎勇次もその渦中に……。
かたや週刊誌記者の松永慶子は、横田基地に侵入・逃走した北朝鮮の工作員に接触する。
吹雪の北アルプスと東京。
二つの場所で、男と女は絆を取り戻せるのか。
やがて恐るべき国際的陰謀が明らかになる。

2007/10/10
文春文庫(表紙変更)
978-4167656607 890円
2003/04/10
文春文庫
978-4167656607
890円
2000/04/20
文藝春秋
978-4163191300 1,714円



2007年12月19日(水)公開中イベントを開催

<スペシャルA>
「ミッドナイトイーグル・プレミアムナイト」
ハンドベル隊やオリジナルカクテル……、クリスマスの趣向を凝らした演出の中で舞台挨拶
【会 場】品川プリンスシネマ
【日 時】12月19日(水)18:00の回(上映前)プレミアムスクリーンにて、18:00~18:15舞台挨拶
【登壇者】大沢たかお、竹内結子

<スペシャルB>
「この冬、雪山の男たちが熱い! スペシャルトークショー」
【会 場】渋谷ピカデリー(道玄坂109隣 ザ・プライム6F)
【日 時】12月26日(水)18:45の回(上映前)18:45~19:05トーク
【登壇者】吉田栄作、小西浩文(山岳アドバイザー)

吉備路文学館にて「高嶋哲夫展」開催中

『ミッドナイトイーグル』で使われた登山装備の展示や、宣伝ビデオの上映も行われています。
期間:2007年10月30日(火)~2008年01月20日(日)
場所:吉備路文学館  〒700-0807 岡山市南方3-5-35 Tel:086-223-7411
http://www.kibiji.or.jp/
月曜休館(祝日は開館)・12月28日~01月04日休館

2007年11月23日(金) より、全国映画館にて公開が始まりました。

<米国公開スケジュール>
New York: 11/23公開
劇場: ImaginAsian Theater
http://www.theimaginasian.com/index2.php

San Francisco: 11/23公開
劇場: Sundance Kabuki Theatres(シネコン)
http://www.sundancecinemas.com/kabuki.html

Los Angels
12/7公開 (映画館のオープン合わせ)
劇場: ImaginAsian Theater
http://www.iacenterla.com/la

11月20日神戸試写会の模様。
http://streaming.yahoo.co.jp/c/t/00038/v01367/v0136700000000413813/

2007年10月20日(土) 東京国際映画祭にて、特別招待作品としてオープニング上映


2007年10月02日(火) 米国ハリウッドにて、ワールドプレミア上映


2007年01月11日(水) 映画の製作発表記者会見