吉備中央町での講演の様子

2019年8月10日に岡山県吉備中央町で行った「首都移転を考えるフォーラム」基調講演の様子です。

続きを読む

「首都移転」に関する2つの講演

「岡山への首都移転」を論じる講演を2本行いました。


まず2019年7月28日に、岡山市内で「首都岡山について考えるシンポジウム」パネルディスカッションに参加しました。

続いて2019年8月10日、岡山県の吉備中央町で講演を行いました。下記はそのことを取り上げてくれた山陽新聞の記事です。

----
https://www.sanyonews.jp/article/927887
首都を災害リスク低い吉備高原へ 吉備中央町がフォーラム 

 首都移転を考えるフォーラム(岡山県吉備中央町主催)が10日、同町吉川のきびプラザで開かれた。岡山、広島県に広がる吉備高原が安定した地盤を持ち、地震や台風などの災害リスクが少ないことを踏まえ、有識者が人口や経済の東京一極集中の是正を呼び掛けた。

 玉野市出身で災害をテーマにした小説「首都崩壊」などの著者高嶋哲夫さん(70)=神戸市=は基調講演で、今後30年以内に南海トラフ巨大地震や首都直下地震が高い確率で起こるとの政府予測を紹介。人やモノ、資本の集まる東京が被災すれば経済損失は100兆~200兆円規模に上るとし「災害の影響は日本だけに収まらない。世界恐慌の引き金となり、大惨事を招く」と強調した。

 被害の抑制に向けて安全な土地への首都移転を提案。移転条件として、災害が少なく交通の便が良い立地を挙げ「吉備中央町は空港に近く、首都機能を移転するだけの十分な土地もある」と適地であることを説明した。

 内閣府地方創生推進事務局の木村敬前企画官、地質学研究者らでつくるNPO法人・地球年代学ネットワーク(岡山市)の板谷徹丸理事長ら4人によるパネル討論もあった。

 県内外の380人が聴講した。

(2019年08月10日 22時10分 更新)

続きを読む

産経新聞にインタビュー掲載

『首都崩壊』(幻冬舎文庫)ボクの都市論です。詳しく書いてます。

 

続きを読む

獨協中高で『震災キャラバン』の帯を作ってくれました

続きを読む

日刊ゲンダイに読書日記掲載

日刊ゲンダイ(2019年2月5日発行号)のコーナー週間読書日記に「沖縄と福島は利権構造が似てきている」を掲載しました。

続きを読む

日本歯科医師会広報誌コラム第3回

公益社団法人日本歯科医師会の広報誌「日歯広報」1718号(2018年12月1日発行)にコラム第3回「災害と必需品」を掲載しました。

続きを読む

日本歯科医師会広報誌コラム第2回

公益社団法人日本歯科医師会の広報誌「日歯広報」1717号(2018年11月15日発行)にコラム第2回「貧困と教育、そして歯」を掲載しました。

続きを読む

日本歯科医師会の広報誌にコラム掲載

公益社団法人日本歯科医師会の広報誌「日歯広報」1716号(2018年11月1日発行)にコラム「ショックを乗り越え8020」を掲載しました。

続きを読む

BPA LIVEに出演しました

続きを読む

山陽新聞に『官邸襲撃』書評

少し前になるのですが、山陽新聞で『官邸襲撃』の書評が掲載されていました(2018/8/29)。

 

続きを読む

私教育新聞にインタビュー掲載

私教育新聞(2018/10 No.69)の巻頭で員ビュー記事が掲載されています。

 

 

続きを読む

電気新聞にインタビュー掲載

電気新聞2018年9月27日「焦点」、および10月1日「深層を訊く」で取り上げてもらいました。

続きを読む

BPA LIVE Vol.76にて講演

BPA LIVE Vol.76
ゲストには、数多くのベストセラーを生み出し、文学界に自然災害をテーマとした「クライシス小説」と称される一つの分野を屹立した作家 高嶋哲夫 氏をお呼びいたしました。
高嶋氏の作品について、非常にわかりやすい論評を御紹介いたします。


高嶋さんの、とりわけ自然災害をテーマとした小説はクライシス小説と呼ばれています。危機に対して人々がどう立ち向かうべきなのかを描いた小説であり、それは数字ではなく言葉で綴られたシミュレーションそのものです。スーパーコンピューターは台風の進路や威力をシミュレーションし、通過する可能性のある地域の人々に警告を与えることができます。しかし、その台風が前代未聞の大きさと強さになったとき、どのような災害がどこで発生するかについてはコンピューターでは計算できません。
『首都感染』解説 by 成毛眞
 
【開催概要】
開催日時 : 2018年10月23日(火)19:00 – 21:00 ※開場 18:30
開催場所 : 代官山NOMAD(ノマド)
住所 : 東京都渋谷区猿楽町3-9アベニューサイド代官山3F GoogleMap ※東急東横線代官山駅北口から徒歩6分, 渋谷駅新南口から徒歩7分
参加定員 : 30名 ※定員になり次第、締め切らせていただきます。
参加資格 : BPA会員、ビジネスプロデューサーに興味がある方、テーマからディスカバリーしたい方
参加費 : BPA有料会員は無料、BPA無料会員及び一般は1,500円
主催 : 一般社団法人日本ビジネスプロデューサー協会

※ アルコールをたしなみながら、ビジネスの本音を聞き出す大人のトークショー形式で行います。軽いおつまみを準備しておりますので、飲み物(酒類・ソフトドリンク)は、会場にて1ドリンク500円でご購入ください。

【当日スケジュール】
18:30 開場(スタートまでに、会場のドリンクコーナーにてお好きなお飲み物をご購入ください。テーブルにおつまみのご用意をしております)
19:00 ゲスト紹介
19:05 トークショースタート
20:00 会場の皆様と質疑応答
20:30 高嶋哲夫氏と懇談
21:00 閉会

お申込み・詳細は、会員サイト(BPA PORTAL)にてご案内しております。

続きを読む

議員会館での講演の様子

2018年9月10日、衆議院第二議員会館にて行われた「防災行政研究会」で講演を行いました。
衆参両議員の方々、議員秘書の方、関係各省庁の他、防災関係者の方でほぼ満席となりました。

ありがとうございました。

第22回 防災行政研究会
平成30年9月10日(月)11:30~13:00
衆議院第二議員会館 1階 多目的会議室
1,あいさつ
2,平成31年度予算概算要求について(国土強靱化・防災・消防関係)[国土強靱化推進室・内閣府(防災)・消防庁]
3,講演:高嶋哲夫『日本発世界大恐慌 〜今、抜け落ちているもの〜』
4,質疑・意見交換

続きを読む

夕刊フジの書評『官邸襲撃』

2018年9月10日付の夕刊フジ書評欄に、『官邸襲撃』(PHP研究所刊)が掲載されていました。

詳しくはこちらへ

続きを読む

中央電気倶楽部での講演の様子

先週、2018年9月3日、大阪・堂島の中央電気倶楽部で公開講演会を行いました。

写真はその様子です。

続きを読む

9/3 中央電気倶楽部にて講演を行います

2018年9月3日、大阪の中央電気倶楽部にて公開講演会を行います。

 

「地震列島を生き抜くために 〜未曾有の地震・津波災害と向き合う〜」

時間:15:30〜17:00
場所:大阪市北区堂島浜2丁目1番25号

参加:無料

 

お問い合わせ・事前申込みは下記へお願い致します。

中央電気倶楽部ホームページ(「新着情報」に掲載)

http://www.chuodenki-club.or.jp/

続きを読む

テレビドラマ『都庁爆破!』DVD&Blu-ray

お正月のスペシャルドラマとしてTBS系列で放映された『都庁爆破!』ですが、4月にDVDとBlu-rayが出ており、仕事場に届いていたのにずいぶん時間が経ってしまいました。
気軽な気持ちでご覧になってもらえたら、と思います。
(画像クリックでAmazonに飛びます)

原作もよろしく。

原作『都庁爆破!』

https://www.amazon.co.jp/dp/4796640568/

 

 

続きを読む

2018年の放送大学講義に出演しています

放送大学・教養学部「日常生活のデジタルメディア」

(青木久美子教授、高橋秀明准教授)

2018年度テレビ講義に出演しています。科目の中で「危機」「娯楽」の対象回です。

またオンライン授業「情報とコミュニケーション」にも映像が使われているとのことです。

 

教養学部授業科目案内・日常生活のデジタルメディア('18)

https://www.ouj.ac.jp/hp/kamoku/H30/kyouyou/C/joho/1750011.html

続きを読む

原子力学会誌の巻頭言を書いています

続きを読む